PR

ニュース 国際

米への大規模ハッキング 9政府機関と100社に被害

ロシアが関与したとの見方が重ねて示された(ロイター)
ロシアが関与したとの見方が重ねて示された(ロイター)

 ニューバーガー米大統領副補佐官(サイバー・新興技術担当)は17日、昨年12月に発覚した米国への大規模ハッキングについて、被害は少なくとも九つの米政府機関と、民間企業約100社に及ぶと明らかにした。ロシアが関与したとの見方を重ねて示し、全容解明にはさらに「数カ月」かかると述べた。

 ロイター通信によると、司法省や財務省、国土安全保障省、商務省が被害を受けており、ハッカーたちは高官のメール内容を盗み取ろうとしていたという。

 ニューバーガー氏は、サイバー攻撃に対処するためインフラ設備を近代化する必要があると指摘した。対策強化に向けてバイデン大統領が近く大統領令を出す予定だと説明した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ