PR

ニュース 国際

イラン、遠心分離機増設を計画 さらに米に圧力

 ロイター通信によると、イラン核合意の検証に当たる国際原子力機関(IAEA)は17日、イランが核合意で使用を認められていない遠心分離機をさらに設置する計画を通告してきたなどとする報告書をまとめ、加盟国に伝えた。イランは15日に、抜き打ち査察の受け入れを23日に停止するなどと通告したばかり。圧力を強め、米国に制裁解除を迫る狙いとみられる。

 IAEAのグロッシ事務局長は20日、イラン側と協議するためテヘランを訪問予定。抜き打ち査察の受け入れなどが停止すれば、IAEAの検証、監視活動に深刻な影響が出るとみられている。

 ロイターによると、中部ナタンズの地下施設に遠心分離機「IR2m型」174台を連ねたカスケード二つを増設する計画。2015年の核合意は、イランが濃縮ウラン製造で使える遠心分離機を旧式の「IR1型」に限定した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ