PR

ニュース 国際

スー・チー氏、別容疑訴追で勾留引き延ばしか 抗議活動激化

16日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンの中国大使館前で行われた抗議デモには若者らが集まり、「中国は恥を知れ」などと書かれた紙を掲げた(産経新聞通信員撮影)
16日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンの中国大使館前で行われた抗議デモには若者らが集まり、「中国は恥を知れ」などと書かれた紙を掲げた(産経新聞通信員撮影)

 【シンガポール=森浩】国軍がクーデターで実権を握ったミャンマーで、軟禁されているアウン・サン・スー・チー国家顧問の担当弁護士は16日、スー・チー氏が自然災害管理法違反容疑で新たに訴追されたと明らかにした。国軍は微罪での訴追を繰り返すことで、勾留の引き延ばしを図っているとみられ、国内で反発の拡大も予想される。

 スー・チー氏は既に無線機を違法に所持し、使用したとして輸出入法違反容疑で訴追されていた。地元メディアによると、16日にこの訴追に基づく裁判が始まった。スー・チー氏は今後の公判に直接出廷せず、軟禁先とされる首都ネピドーの自宅からビデオ通話形式で参加する見通しだ。

 ミャンマー国内では17日も全土で大規模な抗議デモが行われた。スー・チー氏勾留が長期化する見通しとなった影響もあって参加者が増加し、AP通信は「過去最大規模」と報じている。国内各地では故障したように装って車を路上に放置し、国軍の車両の通行を妨げる運動が始まった。

 デモの拡大を受けて国軍は17日までに刑法の一部を改正。治安部隊の任務遂行を妨害した場合は最大禁錮7年の罰則を設けるなど、締め付けを強めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ