PR

ニュース 国際

接種加速へ「ワクチン車」も イスラエル、4百万人突破

16日、イスラエルのテルアビブ南部に用意された車両内で、新型コロナウイルスのワクチンを接種される市民ら(共同)
16日、イスラエルのテルアビブ南部に用意された車両内で、新型コロナウイルスのワクチンを接種される市民ら(共同)

 新型コロナウイルスワクチンの接種が世界最速ペースで進むイスラエルで16日、ワクチン投与機材を搭載した車両での接種が実施された。これまで病院や体育館などで接種してきたが、今回は未接種者の多い地区を車両で訪問。同国政府は同日、全国で1回以上接種を受けた市民が400万人を突破したと発表した。人口の4割以上に当たる。

 商都テルアビブ南部の公園には、接種ブース2つを備えた車両が到着。テルアビブ市は注射を終えた市民に中東で人気のスイーツ「クナーファ」を配布した。近所の男性ファハド・アブルアサフさん(23)は「近いから来た。クナーファもうれしい」と笑顔。市によると、2カ所の会場で計400人以上が参加した。今後も実施する可能性がある。

 イスラエルでは1月下旬に20万人以上が接種する日もあったが、その後減少。政府や自治体はてこ入れを図っている。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ