PR

ニュース 国際

コロナ死者数を過小報告 米NY州知事、辞任求める声も

ファイザー社の新型コロナワクチン(AP)
ファイザー社の新型コロナワクチン(AP)

 【ニューヨーク=上塚真由】米ニューヨーク州のクオモ知事(民主党)は15日、高齢者施設での新型コロナウイルスによる死者数を少なく報告していたことをめぐり、「混乱を招いた」として謝罪した。昨年は新型コロナに関する会見などで称賛を浴びたクオモ氏だが、一転、辞任を求める声も高まるなど激しい批判に直面している。

 老人ホームなど高齢者施設での死者数について、ニューヨーク州保健局は1万5000人超としている。1月下旬までは約8500人と公表していたが、州司法長官による調査報告書で「実際の死亡者数より最大で5割少なくなっている可能性がある」と指摘され、その後、死者数は大幅に修正された。

 米メディアによると、州保健局は、老人ホームから病院に搬送され、病院で死亡した入居者を「施設での死者数」に含めていなかったという。

 クオモ氏は昨年3月、病床数を確保するため、高齢者施設に対し、新型コロナ感染を理由に入居を拒否することを禁止。5月に撤回したものの、この施策により施設内の感染拡大を招き、数千人が死亡した可能性があるとして、批判されてきた経緯がある。

 また、知事付秘書のメリッサ・デローザ氏が今月10日、電話会議の中で民主党の議員に対し、高齢者施設問題をめぐり、トランプ政権の連邦調査が入ることなどへの懸念から「(死者数の公表を)凍結した」と説明したことが発覚。与野党の州議会議員から「責任逃れのための意図的な隠蔽(いんぺい)だ」との批判が再燃した。

 クオモ氏は15日の会見で「できるだけ多くの情報を迅速に提供すべきだった」と謝罪したが、意図的な隠蔽ではないと説明。州議会では、新型コロナ施策をめぐる知事の緊急権限の剥奪(はくだつ)や、弾劾訴追を求める声が出るなど、責任を追及する動きが強まっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ