PR

ニュース 国際

WHO、アストラゼネカのワクチンも承認 新型コロナで2例目

WHOのテドロス事務局長(AP)
WHOのテドロス事務局長(AP)

 【ロンドン=板東和正】世界保健機関(WHO、本部・ジュネーブ)は15日、英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大が開発した新型コロナウイルスのワクチンの緊急使用を承認した。WHOの承認は米製薬大手ファイザー製に続き2例目。今回のWHOの承認を受け、途上国での接種が進むことが期待される。

 ワクチンや治療薬などの承認は各国の保健当局がそれぞれ判断する。しかし、自前での臨床試験(治験)や審査が困難な途上国などは、WHOの緊急使用許可を参考に判断する。WHOの緊急使用許可を受け、ワクチンを共同購入して分配する国際的枠組み「COVAX(コバックス)」でも、途上国でのワクチン接種を進めることが可能になる。

 コバックスでは、ファイザー製は3月までに120万回分にとどまっているのに対し、アストラゼネカのワクチンは6月までに3億3600万回分が供給される予定。

 アストラゼネカ製のワクチンは安価な上、2~8度の温度で保管が可能なため、一般の冷蔵庫でも対応できるのが特徴。設備の乏しい途上国を含めたワクチンの普及に期待がかかっている。

 WHOが15日に承認したのは、中身は同じだが、アストラゼネカからのライセンス契約に基づき製造される二つのワクチン。韓国のSKバイオとの合弁企業と、インドのセラム・インスティテュート・オブ・インディア(SII)がそれぞれ製造する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ