PR

ニュース 国際

ミャンマーデモ、中国大使館前で抗議「独裁者を支持するな」

11日、ミャンマー最大都市ヤンゴンで、クーデターに抗議し「不服従運動」のメッセージを掲げる女性(共同)
11日、ミャンマー最大都市ヤンゴンで、クーデターに抗議し「不服従運動」のメッセージを掲げる女性(共同)

 【シンガポール=森浩】国軍がクーデターで実権を握ったミャンマーで11日、6日連続となる国軍への抗議デモが行われた。最大都市ヤンゴンなどでは5人以上の集会が禁じられているが、多くの市民が街を行進し、軟禁中のアウン・サン・スー・チー国家顧問らの解放を呼びかけた。

 ヤンゴンの中国大使館前でも数百人が集まってデモを行った。参加者は中国が国軍を支援していると主張し、「ミャンマーを支持しろ、独裁者を支持するな」などと声を上げた。

 一方、国軍はスー・チー氏率いる国民民主連盟(NLD)の締め付けを強めている。ロイター通信は同日、スー・チー氏の側近でNLD政権の国家顧問府相、チョー・ティン・スエ氏が拘束されたと報じた。人権団体によると、1日のクーデターから9日までにNLD幹部や活動家ら220人が拘束されたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ