PR

ニュース 国際

中国「米国もWHO専門家受け入れを」 コロナ起源解明めぐり反発

中国外務省の汪文斌副報道局長=北京(共同)
中国外務省の汪文斌副報道局長=北京(共同)

 【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は10日の記者会見で、新型コロナウイルスの起源解明を目指す世界保健機関(WHO)の国際調査団が湖北省武漢市で調査を終えたことを受け、「米国も中国と同様に、透明な態度でWHOの専門家を招くことを望む」と述べた。米政府がWHO調査団の報告書を検証すると表明したことに反発した。

 汪氏は「2019年下半期には、世界の多くの場所でウイルスが出現し、米国でも公式発表の最初の事例よりも前に出現していたという報道がある」と主張した。調査団を率いた専門家は9日の記者会見で、海外から輸入された冷凍食品を通じてウイルスが国内に流入したという中国側の見方を否定しておらず、中国政府がウイルスの「中国起源説」を否定する主張を強めていく可能性がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ