PR

ニュース 国際

ツイッター利用者、27%増 新型コロナや米大統領選で

ツイッターのドーシー最高経営責任者(CEO)(ロイター)
ツイッターのドーシー最高経営責任者(CEO)(ロイター)

 米短文投稿サイトのツイッターが9日発表した2020年10~12月期決算で、1日当たりの利用者数が1億9200万人となったと発表した。1年前と比べて27%増加。新型コロナウイルスや米大統領選などへの関心が高まり、利用が増えた。

 10~12月期の純利益は前年同期比87%増の2億2211万ドル(約230億円)だった。売上高は28%増の12億8904万ドル。主力の広告収入が伸びた。米国に次ぐ売上高規模の日本事業も好調だった。

 ドーシー最高経営責任者(CEO)は声明で「20年はツイッターにとって特別な年だった。異例の時代に人々の会話に貢献できることを誇りに思う」と述べた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ