PR

ニュース 国際

GAFA全社が最高益 「巣ごもり需要」追い風

GAFAと呼ばれる米国のグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コム各社のロゴマーク(共同)
GAFAと呼ばれる米国のグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コム各社のロゴマーク(共同)

 【ワシントン=塩原永久】「GAFA(ガーファ)」と呼ばれる米IT大手4社の2020年10~12月期決算が2日出そろった。新型コロナウイルス対策の遠隔勤務オンライン授業が広がり、パソコンやネット通販といった「巣ごもり需要」が拡大。デジタル広告の好調さも追い風となり、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コムの全社が過去最高益を更新した。

 4社合計の最終利益は前年同期比43%増の624億2300万ドル(約6兆6千億円)に達した。航空や旅行などコロナ禍の打撃で経営が悪化する業界が少なくない中、GAFAの収益力が際立っている。

 この日発表したアマゾンは、ネット通販の利用者が増え、最終利益が約2・2倍の72億2200万ドル。グーグルの持ち株会社アルファベットは、主力の広告収入が22%増。売上高は23%増の568億9800万ドルと過去最高を更新した。

 アップルは最終利益が29%増の287億5500万ドル。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の売上高が17%増、オンライン授業向けの利用が伸びたタブレット端末「iPad(アイパッド)」の売上高が41%増えた。

 フェイスブックも売り上げの大部分を占める広告事業が好調で、最終利益が53%増の112億1900万ドルとなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ