PR

ニュース 国際

イランが韓国人船員ら19人解放へ タンカーの船長は抑留

 【ソウル=桜井紀雄】中東・ホルムズ海峡近くのペルシャ湾で1月、イランが韓国船籍のタンカーを拿捕(だほ)した問題で、イラン政府は2日、抑留されていた船員19人を解放することを決めた。イラン政府と交渉を続けてきた韓国外務省が明らかにした。

 今回解放されるのは、韓国人4人のほか、ミャンマーやインドネシア、ベトナム国籍の船員ら。韓国人船長やタンカーは依然、イランに留め置かれるため、韓国政府は、イラン側に船長の早期帰国を働きかけていく方針。

 イラン側は「海洋環境に関する法律に違反した」としてタンカーを拿捕した一方、米国の制裁に伴って韓国の銀行に凍結されたままのイランの資産の扱いをめぐって韓国との交渉が難航してきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ