PR

ニュース 国際

WHO、武漢市場調査は1時間余り 厳重な警戒態勢

大型卸売市場の倉庫を視察に訪れたWHO国際調査団のメンバーら=31日、中国・武漢(共同)
大型卸売市場の倉庫を視察に訪れたWHO国際調査団のメンバーら=31日、中国・武漢(共同)

 【北京=三塚聖平】中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスの起源解明を目指す世界保健機関(WHO)の国際調査団は31日、流行初期に多数の感染者が確認された「華南海鮮卸売市場」に立ち入り調査を行った。焦点だった現場での調査を中国側がようやく認めた形だが、感染確認から1年以上が過ぎているため、現地で有力な手がかりを得られるかは不透明だ。

 ロイター通信などによると、市場周辺はフェンスが設けられるなど厳重な警戒態勢が敷かれた。調査団は車で市場に入り、1時間余りで離れた。市場の外で待ち構えていた報道陣とのやりとりはなかったという。

 市場は昨年1月1日に閉鎖され、その後は外部からの立ち入りを制限している。既に大規模な消毒作業が行われ、店舗内の商品は焼却処分されたり当局者が持ち去ったりしたと伝えられており、調査団が当時の正確な状況を把握するのは難しいとみられる。

 2019年12月以降の流行初期には、市場で働く人や近隣住民から多数の感染者が出た。当初、中国当局は市場で売られていた野生動物が感染源との見方を示していたが、その後、海外からウイルスが持ち込まれた可能性を主張するようになっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ