PR

ニュース 国際

米、台湾巡り中国に自制要求 国防総省「衝突必要ない」

 米国防総省のカービー報道官は28日の記者会見で、台湾情勢を巡る中国国防省報道官の「台湾独立は戦争を意味する」との発言について「緊張した状況が衝突に発展する必要はない」と述べ、中国側に自制を求めた。

 カービー氏は、中国側の発言は「残念だ」と指摘した。その上で「米国には台湾の防衛を支援する義務がある」と強調した。

 問題となったのは、中国国防省の呉謙報道官の28日の記者会見での発言。中国軍の台湾海峡での活動について、外部勢力の干渉と「台湾独立」勢力の挑発に対する反応だと説明し、強硬姿勢を示していた。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ