PR

ニュース 国際

米韓外相が初の電話会談 北核問題は喫緊の課題と確認

韓国の康京和外相
韓国の康京和外相

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は27日、ブリンケン米国務長官と、同氏の就任後初の電話会談を行った。両外相は、北朝鮮の核問題がバイデン政権でも早急に取り組むべき喫緊の課題だという認識を共有し、米韓両国が緊密に協議していくことで一致した。韓国外務省が発表した。

 康氏は、ブリンケン氏が「韓米関係や朝鮮半島問題に理解が深い」として就任への歓迎を伝え、ブリンケン氏が韓米同盟をさらに堅固に発展させていくよう期待を示した。約30分間の会談では、気候変動や新型コロナウイルス問題の解決に向けた協力を強化する方針も確認した。

 康氏の後任の外相として既に鄭義溶(チョン・ウィヨン)前大統領府国家安保室長が内定しており、康氏は、次期外相とも早期に意思疎通を図るようブリンケン氏に求めた。

 ブリンケン氏は上院公聴会で、北朝鮮の核・ミサイル問題の状況は悪化しているとし、北朝鮮を交渉に引き戻すための圧力強化策などについて全面的に再検討すると明言した。一方、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、トランプ前大統領が進めた米朝首脳外交の「成果」の継承を米側に望んでおり、既に認識の差が露呈している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ