PR

ニュース 国際

核兵器禁止条約が発効 廃絶目指す初の国際法規

 広島市の平和記念公園。後方は保存工事中の原爆ドーム。核兵器禁止条約発効の日を迎えた=22日午前
 広島市の平和記念公園。後方は保存工事中の原爆ドーム。核兵器禁止条約発効の日を迎えた=22日午前

 核兵器禁止条約が22日、発効した。核兵器を非人道的で違法と明記、開発や保有、使用を全面的に禁じ、廃絶を目指す初の国際法規。条約発効から1年以内に開かれる第1回の締約国会議は、条約推進派オーストリアの首都ウィーンで開催を予定。米国の「核の傘」に依存する日本は条約不参加だが、唯一の被爆国にオブザーバー参加を求める声も高まっている。

 条約はこれまで51カ国・地域が批准、署名は86。批准国や「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)は参加国の上積みへ働き掛けを続けるが、核保有国側は条約には縛られないとの立場で一貫。今後双方のせめぎ合いは、激化しそうだ。

 核禁止条約は2017年7月、国連で122カ国・地域の賛成で採択。昨年10月、批准が発効に必要な50に達し、90日後の発効が確定した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ