PR

ニュース 国際

「価値観共有のパートナー」 米大統領就任に蔡英文総統が祝意

 14日、台湾総統府でクラフト米国連大使と電話会談する蔡英文総統=台北(総統府提供・共同)
 14日、台湾総統府でクラフト米国連大使と電話会談する蔡英文総統=台北(総統府提供・共同)

 【台北=矢板明夫】台湾の総統府は21日、バイデン米大統領とハリス副大統領の就任に祝意を表す蔡英文総統の声明を発表した。

 蔡氏は声明で「米国は台湾の最も重要な同盟国であるだけでなく、自由と民主主義の価値観を共有する強固なパートナーであることを信じている」と強調した。

 その上で「これまで台米双方の政治、経済、安全保障、文化といった分野での緊密な協力がアジア太平洋地域の平和と安定、繁栄に積極的な貢献を果たしてきた」と指摘し、バイデン政権下での「関係のさらなる発展と協力」に期待を示した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ