PR

ニュース 国際

中国、台湾の駐米代表による就任式出席に反発

記者会見する中国外務省の華春瑩報道官=21日、北京(共同)
記者会見する中国外務省の華春瑩報道官=21日、北京(共同)

 【北京=三塚聖平】中国外務省の華春瑩報道官は21日の記者会見で、台湾の駐米台北経済文化代表処代表(台湾の駐米大使に相当)がバイデン米大統領の就任式に出席したことに対し、「いかなる形の米台当局のやり取りにも断固として反対する。この立場は一貫して明確なものだ」と反発した。

 中国メディアは、トランプ前米政権下で深まった米台関係が、バイデン新政権になって変化するという見方を伝えてきた。中国側は現時点で抑制的な反応を見せているが、バイデン政権の動向次第では台湾をめぐり米中両国の緊張が高まる可能性もある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ