PR

ニュース 国際

バイデン米大統領就任演説全文(上) 「民主主義の勝利」「米国を結束させる」

バイデン米新大統領(AP)
バイデン米新大統領(AP)

 米大統領に就任したバイデン氏による就任演説の全文は次の通り。

 ロバーツ最高裁長官、ハリス副大統領、ペロシ下院議長、シューマー上院(民主党)院内総務、マコネル上院(共和党)院内総務、ペンス前副大統領、ゲストの方々、米国民の皆さん、これが米国の日だ。民主主義の日だ。歴史と希望、復活と決意の日だ。厳しい試練の年月を経て、米国は何度も試されてきた。そして米国は挑戦に立ち向かってきた。今日、私たちは勝利を祝っている。候補者の勝利ではなく、民主主義の大義の勝利を祝っている。人民の意思は届いた。そして、人民の意思は心に留められた。

 私たちは再び民主主義が貴重だと学んだ。民主主義は脆弱(ぜいじゃく)だ。そしてこの時間、友人たちよ、民主主義は勝利した。

 だから今、2世紀以上も行ってきた平和的な権力の移行を実行するために、私たちはこの聖地に、たった数日前に暴力が連邦議会の基礎を揺るがそうとした場所に、神の下に、分かつことのできない、一つの国として集まった。私たちが、米国独自の方法で先を見据えるとき、休むことなく、大胆に、楽観的に、私たちがそうであることができると、またそうであらなければいけないと知っている国に目を向けよう。

 今日ここにいる民主、共和両党の前任者たちに感謝する。心から感謝する。私が昨夜話をしたカーター元大統領は今日この場にいないが、その終生にわたる政治活動に対して私たちが敬意を払う彼が知っているように、私は合衆国憲法の復元力と強さ、米国の強さを知っている。

 私はたった今、彼ら愛国者一人一人がしたように、神聖なる宣誓をした。宣誓は(初代大統領の)ジョージ・ワシントンによって初めて行われた。しかし、米国の物語は、われわれのうちの誰か一人によるのではなく、幾人かによるのでもなく、より完璧な団結を求める私たち国民にかかっている。米国は偉大な国だ。私たちはよい人間だ。幾世紀にもわたり、嵐と争いを通じて、平和と戦争の中で、私たちはここまで来たが、まだまだ先がある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ