PR

ニュース 国際

台北市長「コロナ対応はまず“止血”」 総統選に意欲

 総統選に関し、柯氏は「台湾には政治、司法の大改革が必要だ」と出馬の意欲を表明した。ただ、国際情勢や台湾の政局に不透明性があることから「選挙前の世論調査で私への支持率が20%を超えているかが、(出馬を)判断する一つの目安になる」と語った。

 か・ぶんてつ 1959年生まれ。台湾大医学部卒、著名な外科医。台湾大医学部教授を経て、2014年に台北市長選挙に無所属で出馬し、当時の与党、中国国民党の候補を下して当選。18年に再選された。19年に中道政党、台湾民衆党を設立し、初代党主席に就任した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ