PR

ニュース 国際

シリア空爆、57人死亡 イスラエル攻撃で最悪規模

 シリア東部デリゾール近郊やアブカマル近郊で12日夜から13日にかけて空爆があり、シリア人権監視団(英国)によると、アサド政権軍の兵士や政権軍を支援する親イラン民兵組織の戦闘員ら計57人が死亡した。監視団は、イスラエルがシリアで実施した空爆としては過去最悪規模の死者数と指摘した。

 空爆ではイスラム教シーア派組織ヒズボラの武器庫などが標的となった。シリア内戦ではイランの軍事支援を受けるアサド政権が優位を固めているが、イランの影響力拡大を警戒するイスラエルの攻撃が相次いでおり、報復への緊張が高まる。

 監視団によると、今回の空爆で死亡したのは、政権軍の兵士のほかイラクやアフガニスタン国籍の戦闘員。負傷者も数十人出た。

 シリアの国営シリア・アラブ通信もデリゾール近郊などで13日、イスラエルによる攻撃があったと伝えた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ