PR

ニュース 国際

金正恩氏が党総書記に、肩書復活させ父と肩並べ

北朝鮮の朝鮮労働党大会で党総書記に就任した金正恩氏=10日、平壌(朝鮮中央通信=共同)
北朝鮮の朝鮮労働党大会で党総書記に就任した金正恩氏=10日、平壌(朝鮮中央通信=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は10日、第8回党大会で党総書記に推挙され、就任した。朝鮮中央通信が11日に報じた。総書記の肩書の復活は2011年12月に死去した父の金正日(ジョンイル)氏以来。祖父の金日成(イルソン)主席も用いた党最高指導者の呼称を引き継ぐことで、党中心体制の“復古”を誇示し、権威づけとともに、体制の結束を図る狙いとみられる。

 韓国軍は11日、北朝鮮が前日の深夜時間帯に平壌で軍事パレードを実施した動きを確認したと明らかにした。昨年10月のパレードより規模が縮小されたもようで、本番か予行演習だったのか分析を進めている。

 党大会で採択した決定書は、正恩氏を「革命の唯一無二の継承者、指導者で、わが国の強大さの象徴だ」と位置づけた。「国家核戦力の完成を実現させ、祖国を世界的な軍事強国へ発展させた」とも主張した。

 正恩氏は12年に新設した党第1書記、16年の前回党大会で党委員長に就任していた。今回の大会では、9日の党規約改正で書記局制を復活させ、他の幹部の呼称も副委員長から書記などに戻していた。正恩氏は正日氏が掲げた軍を優先する「先軍政治」からの脱却を進めており、もはや父の呼称に気兼ねせず、肩を並べる段階に上ったことを示す意図もうかがえる。

 正恩氏の妹、金与正(ヨジョン)党第1副部長は、これまで務めていた政治局員候補にも選ばれなかった。与正氏は対米や対韓国政策のほか、内政全般に関わってきたとされ、どのような職責に就くかが注目されていた。

 党最高指導部の政治局常務委員には、正恩氏の視察に頻繁に同行してきた側近の趙甬元(チョ・ヨンウォン)氏が選出された。趙氏は書記にも就任。首相などを務めた高齢の朴奉珠(パク・ポンジュ)氏は外れ、正恩氏を含む5人体制が維持された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ