PR

ニュース 国際

英外相、民主派逮捕で中国非難 香港で「重大な権利侵害」

英国のラーブ外相(ロイター)
英国のラーブ外相(ロイター)

 香港で民主派らが香港国家安全維持法(国安法)違反の疑いで一斉逮捕されたことを受け、英国のラーブ外相は6日、声明を発表し、1984年の中英共同宣言下で保障されている香港市民の「権利と自由への重大な侵害行為だ」と中国を非難した。

 香港や中国の当局が反対意見抑圧のために国安法を使っているとも指摘、同法の「真の目的について世界を意図的に欺いた」と批判した。

 英国は今月末から、香港市民向けに英市民権取得につながる特別査証(ビザ)の申請受け付けを開始する予定。ラーブ氏は「英国は香港の人々に背を向けない」と改めて強調、香港に住む「英国海外市民」に英国で生活し働く権利を与え続けるとした。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ