PR

ニュース 国際

中国、感染対策に集中と釈明 WHO調査団入国できず

記者会見する中国外務省の華春瑩報道局長=北京(共同)
記者会見する中国外務省の華春瑩報道局長=北京(共同)

 【北京=三塚聖平】中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は6日の記者会見で、新型コロナウイルスの起源解明に向けた世界保健機関(WHO)の国際調査団の入国を中国が許可していないことについて、「目下、全世界の感染状況が非常に緊迫しており、中国国内でも全力で防疫措置を展開している」と述べた。感染対策に集中しているためだと釈明した形だ。

 華氏は、中国国内で感染拡大が散発的に起きているため、「衛生・防疫部門と専門家は皆、全身全霊で緊迫した疾病との戦いに集中している」と説明。その上で、同調査について「ずっと非常に重視している」とし、WHO側と密接に協力を続けていると主張した。

 WHOのテドロス事務局長が中国に対して失望を表明したことについては、「当然、その気持ちは理解できる」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ