PR

ニュース 国際

ホンダの中国新車販売、過去最高に 昨年、コロナ禍回復進む

北京国際モーターショーのホンダの展示ブース=2020年9月(三塚聖平撮影)
北京国際モーターショーのホンダの展示ブース=2020年9月(三塚聖平撮影)

 【北京=三塚聖平】ホンダが6日発表した中国市場における2020年通年の新車販売台数は、前年比4・7%増の162万6972台だった。年前半は新型コロナウイルスの直撃を受けて低迷が続いたが、その後に生産・販売ともに回復を果たして年間で過去最高の販売台数を記録した。

 同社によると、主力の「アコード」「CR-V」「シビック」の販売が好調で、年間販売台数はそれぞれ20万台を突破した。中国当局が省エネ・新エネルギー車の普及を後押しする中で、ハイブリッド車(HV)の販売も伸びた。

 また、20年12月の販売台数は前年同月比46・2%増の20万8848台だった。単月の販売台数としては過去最高だった。同社は、新型コロナの流行により湖北省武漢市の四輪車工場が休業に追い込まれるといった影響を受け、昨年2月の販売台数は約85%減と過去最大の落ち込みを見せていた。

 中国では、政府の販売支援策を受けて自動車市場の回復が進んでいる。各国メーカーが中国市場の開拓に力を入れているが、その中でもブランドイメージが良好な日系の好調が目立っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ