PR

ニュース 国際

米新聞チェーンに買収案 ヘッジファンド、業界再編が加速

 米ニューヨーク拠点のヘッジファンドが、有力紙シカゴ・トリビューンなどを抱える新聞チェーン、トリビューン・パブリッシングの買収案を提示したことが12月31日、明らかになった。ファンドはアルデン・グローバル・キャピタルで、トリビューンの株式約32%を既に保有している。

 米新聞業界は発行部数や紙面広告収入の減少が経営を圧迫し、投資ファンド主導の再編が加速。アルデンはグループ企業を通じて約200紙を所有しており、買収した企業に大幅な経費削減を迫り、従業員らからの反発も起きているとされる。

 買収案によると、トリビューンの企業価値は約5億2千万ドル(約540億円)。同社は他に、ニューヨークの大衆紙デーリー・ニューズやボルティモア・サンなども抱えている。

 米メディアによると、米新聞業界はこの20年間で売り上げが急減し、編集職場の雇用は半減した。新型コロナウイルスの感染拡大が経営悪化に追い打ちを掛けており、トリビューンは記者や編集拠点を減らしたり、電子商取引事業を売却したりしている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ