PR

ニュース 国際

イエメン爆発、死者25人に フーシ派を非難

爆発があったイエメン南部アデンの空港=30日(AP)
爆発があったイエメン南部アデンの空港=30日(AP)

 イエメン南部の主要都市アデンの空港で起きた爆発と銃撃戦を巡り、AP通信は30日、死者が少なくとも25人、負傷者は110人になったと伝えた。イエメン外務省は同日、親イラン武装組織フーシ派による「ひきょうなテロ行為」と非難した。

 イエメン外務省は声明で、フーシ派が弾道ミサイルを使って空港を攻撃した「証拠がある」と強調した。空港にはアブドルマリク暫定内閣の閣僚らが航空機で到着した直後だったが、閣僚らは無事だった。

 一方、サウジアラビア主導の連合軍は30日夜、アデンの大統領宮殿を標的にしたフーシ派の無人機を撃ち落としたと発表した。空港で爆発があった後、宮殿周辺でも爆発音が聞こえたと伝えられていた。関連や被害の詳細は分かっていない。

 イエメン内戦ではサウジが支えるハディ暫定大統領の政権とフーシ派が交戦。暫定政権内部でも南部地域の分離派と対立があったが、26日にアブドルマリク新首相が率いる新内閣がサウジの首都リヤドで発足した。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ