PR

ニュース 国際

米ナッシュビル爆発事件、容疑者を特定 現場で自爆

爆発現場の近くで燃える車両=25日、米南部ナッシュビル(ロイター)
爆発現場の近くで燃える車両=25日、米南部ナッシュビル(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米南部テネシー州ナッシュビルの繁華街で25日に3人が負傷したキャンピングカーの爆発事件で、連邦捜査局(FBI)は27日、ナッシュビル近郊に住むアンソニー・ウォーナー容疑者(63)を事件の実行犯と断定したと発表した。同容疑者は爆発物を搭載したキャンピングカーを自ら運転して現場に乗り付け、自爆したとしている。

 FBIによると、現場で見つかった人体の一部をDNA鑑定したところ、ウォーナー容疑者の遺体の一部であることが判明した。FBIなど捜査当局は、犯行車両の登録番号などから容疑者の身元を割り出し、26日からウォーナー容疑者の自宅を捜索してDNAサンプルを収集したとしている。

 FBIは犯行の動機について「言及するのは時期尚早だ」と述べるにとどめた。現時点では政治・社会的な思想に根差した「国内テロ」であるかは明らかにできないとした。

 ウォーナー容疑者は人通りの少ない早朝に自爆したほか、爆発物を起爆させる前に音声メッセージで周囲の人々に避難を呼びかけていたことから、不特定多数の殺傷を狙った行動ではないとの見方が強まっている。

 ナッシュビルのクーパー市長は27日、CBSテレビの番組で、爆発現場に最も近かった通信大手AT&Tのビルが大きな被害を受けたことから、同ビルを標的とした可能性があるとの見方を明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ