PR

ニュース 国際

落下の模擬弾回収打ち切り 米軍三沢基地

 米軍三沢基地(青森県三沢市)は25日までに、所属するF16戦闘機が昨年11月、同県六ケ所村の牧草地に誤って落とした模擬弾1発の捜索回収を打ち切った。東北防衛局への取材で分かった。模擬弾はコンクリート製で爆発の恐れはない。米軍は弾の一部を回収したが、大部分は地中に埋まっているとみられる。

 東北防衛局は「人体や環境への影響は考えられず、技術的な観点や費用面を考慮した」とし、25日、県や牧草地の所有者らに打ち切りを伝えた。

 事故は昨年11月6日に発生。訓練中の戦闘機が重さ約230キロの模擬弾を誤って落下させた。けが人はいなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ