PR

ニュース 国際

英EU、混乱回避へ互いに妥協 英では漁業権譲歩に落胆

メディアに説明するジョンソン英首相=24日、ロンドン(AP)
メディアに説明するジョンソン英首相=24日、ロンドン(AP)

 【ロンドン=板東和正】英国と欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA)交渉は年末の期限まで1週間というぎりぎりで合意にこぎ着けた。新型コロナウイルス流行の中、さらなる混乱を避けるため、双方が協議難航の原因だった3つの主要争点で妥協した。

 争点の一つとなった「企業の公正な競争条件の確保」では、EU側が将来も政府補助金や環境、労働などの分野で規制の水準を合わせるよう要求し、英国が反発していた。EUは域内企業が不利になるのを懸念し、英国は離脱後もEUの規則に縛られることを容認できなかったためだ。合意では双方が独自に規制を決められることにし、EUが英国に歩み寄った。

 「紛争解決のあり方」については、公正な競争が阻害されたとみなせば、英国もEUも対抗措置を発動できる形で決着した。EUは一方的に報復関税などが発動できるルールを主張していたが、取り下げた。

 一方で、最も協議が難航した「英周辺海域での漁業権」問題では英国がEUに対して歩み寄った。英国はEU側の漁獲量の約35%の削減を求めたが、合意では5年半かけて段階的に25%減少させ、その後は毎年、漁獲量を交渉する。

 EUのフォンデアライエン欧州委員長は24日の記者会見で、「公平でバランスのとれた合意だ」と双方の妥協を評価した。

 英国では企業の競争条件や紛争処理の課題で、EUの譲歩を引き出したことに対し、「(合意内容は)EUよりも英国の目標に近い」(英紙ガーディアン)と評価する声が目立った。

 ただ、「主権回復」の象徴とジョンソン英首相が位置づけた漁業権の問題で譲歩したことには、EU離脱の支持者が多い漁業関係者の間で落胆が広がった。

 ジョンソン氏は24日、合意内容について「素晴らしい点ばかりではない」と述べ、すべてが希望通りとなったわけではないと認めた上で、「不確実性を排除して来年に立ち上がる機会を英国に与えたかった」と、混乱を回避するために年内合意を優先したことを明かした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ