PR

ニュース 国際

元選対本部長ら26人に恩赦 トランプ氏、連日の措置

23日、米ワシントンのホワイトハウスを歩くトランプ大統領(左)とメラニア夫人(ゲッティ=共同)
23日、米ワシントンのホワイトハウスを歩くトランプ大統領(左)とメラニア夫人(ゲッティ=共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は23日、いわゆるロシア疑惑に絡み有罪判決を受けて服役中のポール・マナフォート元トランプ選対本部長を含む計26人に恩赦を与え、3人を減刑した。トランプ氏は22日にも元陣営幹部ら15人に恩赦を与えた。

 マナフォート氏は、2016年の大統領選でのロシア疑惑をめぐる共謀罪や資金洗浄、司法妨害などの罪で19年3月に禁錮7年6月を言い渡された。今年5月からは新型コロナウイルスの感染予防のため南部バージニア州の自宅で服役する形をとっていた。

 トランプ陣営の元選対顧問、ロジャー・ストーン氏も恩赦の対象となった。

 また、トランプ氏の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問の父、チャールズ・クシュナー氏にも恩赦が与えられた。チャールズ氏は不動産業者で、脱税や証人買収、違法献金などの罪で起訴され、06年までの2年間服役していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ