PR

ニュース 国際

トランプ氏、ロシア疑惑などで恩赦 元陣営顧問など15人

トランプ大統領(ロイター=共同)
トランプ大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は22日、いわゆるロシア疑惑をめぐる捜査で有罪となった元トランプ陣営顧問、ジョージ・パパドプロス氏ら15人に恩赦を与えると発表した。ほかに5人を減刑の対象にするとした。パパドプロス氏はロシア疑惑を捜査していた連邦捜査局(FBI)に虚偽の証言をしたとして、2018年に禁錮14日を言い渡された。

 来年20日に退任するトランプ氏は先月25日、ロシア疑惑をめぐり偽証罪に問われたフリン元大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に恩赦を与えていた。

 トランプ氏は引き続き、ロシア疑惑で有罪となった元トランプ陣営幹部らの恩赦を検討しているとされる。顧問弁護士のジュリアーニ元ニューヨーク市長や自身の家族についても、何らかの罪で訴追されるのを見越し、予防的な恩赦の対象とできるかを探っているという。

 22日にパパドプロス氏のほかに恩赦を与えられたのは、証券詐欺などに問われたクリス・コリンズ、選挙資金法違反に問われたダンカン・ハンター両元下院議員(共和党)ら。2007年にイラクのバグダッドで地元の市民ら十数人を殺害し有罪判決を受けた民間軍事会社所属の米国人雇い兵4人にも恩赦が与えられた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ