PR

ニュース 国際

コロナ「最悪の日これから」 バイデン氏

バイデン次期大統領(ゲッティ=共同)
バイデン次期大統領(ゲッティ=共同)

 米次期大統領就任が確実になったバイデン前副大統領は22日、感染拡大が続く新型コロナウイルスとの戦いをめぐり「純然たる事実として、最悪の日はこれからで、過ぎ去ってはいない」と述べた。東部デラウェア州ウィルミントンで国民向けに演説した。「峠は越えた」と主張してきたトランプ政権とは対極の姿勢を示し、警戒を呼びかけた。

 米国では新型コロナ感染に伴う死者が1日当たり平均3千人近く出ていると指摘し「今後数カ月で何万もの命を失うことになる」と厳しい見通しを示した。

 同時に「ウイルスを倒すには、忍耐と粘り強さ、決意が必要だ」と強調。トランプ政権下で党派的な対立点となった大人数の集まりの中止やマスク着用、人との距離を保つことが「このつらい時を乗り越える唯一の方法だ」と語った。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ