PR

ニュース 国際

米長官国防代行、アフガン訪問 暴力削減の重要性強調

ミラー米国防長官代行(AP)
ミラー米国防長官代行(AP)

 ミラー米国防長官代行は22日、アフガニスタンの首都カブールを訪れ、ガニ大統領と会談した。米国防総省とアフガン大統領府が発表した。ミラー氏は反政府武装勢力タリバンとの和平プロセスを前進させることを重視する考えを伝えた。アフガンでは駐留米軍の一部撤退に伴い戦闘が激化しており、暴力削減の重要性を強調した。

 ミラー氏はタリバンとの恒久停戦に向けて「歴史的な機会」を迎えていると指摘、双方が戦闘を停止すべきだとの立場を改めて示した。

 ガニ氏は、政府は和平実現に向けた措置を講じており、タリバンも明確な意志を示すべきだと強調。米軍削減を踏まえ、米国との関係は「量ではなく質に基づく」と述べた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ