PR

ニュース 国際

香港民主指導者の羅冠聡氏、英国に亡命申請

羅冠聡氏(田中靖人撮影)
羅冠聡氏(田中靖人撮影)

 【ロンドン=板東和正】2014年の香港民主化要求デモ「雨傘運動」の指導者の一人、羅冠聡(ネイサン・ロー)氏が21日の英紙ガーディアン(電子版)への寄稿で、英国に亡命申請したと明かした。

 羅氏は中国による香港国家安全維持法(国安法)が施行された6月末ごろに渡英。観光ビザでロンドンに滞在し、香港問題について情報を発信していた。

 羅氏は寄稿で「自分が英国に滞在することで中国共産党が民主主義の価値にどれだけ危険をもたらすのか、警鐘を鳴らすことができる」と、亡命申請した理由を説明した。

 また、羅氏は「英国と香港の友人たちの努力で、人権と自由のためのより強い力が生まれるだろう」と指摘するとともに、「どんなハードルに直面しても、香港人として決して(中国に)屈することはない」と強調した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ