PR

ニュース 国際

米副大統領がワクチン接種 公開で信頼向上図る

米ホワイトハウスで、新型コロナウイルス感染症ワクチンを公開接種するペンス副大統領(左)=18日(AP)
米ホワイトハウスで、新型コロナウイルス感染症ワクチンを公開接種するペンス副大統領(左)=18日(AP)

 【ワシントン=住井亨介】ペンス米副大統領は18日、米製薬大手ファイザーなどが開発した新型コロナウイルスのワクチンを公開の場で接種した。米国には安全性への懸念などからワクチン接種を望まない人が一定数おり、ワクチンへの信頼向上を図るのが狙い。

 カレン副大統領夫人と、公衆衛生政策を担当するアダムス医務総監も共に接種した。ペンス氏は、米バイオ企業モデルナのワクチンも近く米食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可を受ける見込みであることを念頭に、「間もなく安全で効果的な2つのワクチンを皆さんに届ける」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ