PR

ニュース 国際

「私たちは失敗した」スウェーデン国王が新型コロナ対策批判

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、ファストフード店で食事する客ら=11月12日、スウェーデン・ストックホルム(ロイター=共同)
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、ファストフード店で食事する客ら=11月12日、スウェーデン・ストックホルム(ロイター=共同)

 【ロンドン=板東和正】北欧スウェーデンのカール16世グスタフ国王が、新型コロナウイルス対策で厳しい規制を設けない同国の対策について「私たちは失敗したと思う」と述べた。英BBC放送などが17日、報じた。国内で感染者数や死者数が急増する現状を受けた発言で、政治的中立を重んじる国王が政策を批判するのは異例とみられる。

 スウェーデン政府はウイルスとの長期戦で国民を疲弊させないとの考えから、外出制限や店舗の営業停止など、厳しい措置を見送ってきた。マスク着用も義務化していない。10月までは、外出制限をした英仏やスペインに比べ、約1週間で計測した10万人当たりの新規感染者数が下回っていた時期があり、感染拡大を抑制する独自の手法が一定程度、評価されていた。

 しかし11月以降、感染者数が増加。10月の新規感染者は1日につき4000人前後だったが、12月に入ってからは1万人を超える日が増えている。

 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、人口約1000万人のスウェーデンで17日時点の累計感染者数は約35万7000人。死者数は7800人を超えており、人口当たりでは近隣の北欧諸国の4~10倍に上る。

 感染拡大を受け、スウェーデン政府は11月、9人以上の集会を禁止するなど規制をやや強めたが、状況は悪化の一途をたどった。英紙フィナンシャル・タイムズによると、同国内では新型コロナの第2波が深刻化。一部の地域で集中治療室(ICU)の病床の確保が限界に達している。

 政府の対策を検証する独立委員会は、死者の半数近くを出した各地の高齢者施設でスタッフの訓練が不足し、医師や看護師による処置も不十分だったとの見方を示している。英メディアによると、国王は厳しい現状を踏まえ、年末恒例の地元テレビとの会見で「多くの人が亡くなった。恐ろしいことだ」と悲痛な声をあげた。

 国王の発言を受けて、ロベーン首相は記者団に「もちろん、これほど多くの死者が出たという事実は失敗以外の何物でもない」と政府の対応不足を認めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ