PR

ニュース 国際

ロシア、ようやくバイデン氏祝福「相互協力の用意」

ロシアのプーチン大統領(AP=共同)
ロシアのプーチン大統領(AP=共同)

 【モスクワ=小野田雄一】米国で14日に行われた大統領選挙人による投票でバイデン前副大統領の次期米大統領就任が確実になったことを受け、ロシアのプーチン大統領はバイデン氏に祝電を送った。露大統領府が15日に発表した。ロシアはこれまで、トランプ大統領が司法手続きを取っており、結果は未確定だとして祝福していなかった。

 祝電でプーチン氏は「世界の安全保障と安定に義務を持つ米露両国は、見解の相違はありつつも、世界が直面している多くの問題を解決できると確信している。ロシアは米国と相互協力の用意がある」とした。

 ただ、露国内の専門家の間では、民主的価値観を重視するバイデン政権は、トランプ政権よりもロシアに強硬姿勢を取り、両国関係は今以上に悪化するとの見方が強い。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ