PR

ニュース 国際

バイデン氏の選出確実に 大統領選挙人が投票

11日、米デラウェア州でイベントに出席したバイデン前副大統領(AP=共同)
11日、米デラウェア州でイベントに出席したバイデン前副大統領(AP=共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】11月3日実施の米大統領選の一般投票で勝利した民主党のバイデン前副大統領は14日、全米50州と首都ワシントンの大統領選挙人による投票で次期大統領に選出されることが確実となった。敗北した共和党のトランプ大統領は抵抗を続けると主張しているが、選挙結果を覆す手立ては事実上尽きており、約1カ月半にわたった選挙後の異例のせめぎ合いはようやく決着する運びとなった。

 バイデン氏は14日夜、選挙人投票の結果を受けて地元の東部デラウェア州で演説し、「米国の魂をかけた戦いで民主主義が勝利した」と宣言した。同氏はまた、トランプ氏が「選挙に不正があった」と主張しているのを念頭に「米国の制度への信頼は保たれた。選挙の完全性は維持されている」と強調した。

 選挙人投票は通常、形式的な手続きでほとんど注目されないが、今回はトランプ氏が「選挙に不正があった」と主張し続けたせいで異例の関心を集めた。

 大統領選は、50州と首都に割り当てられた選挙人計538人の過半数(270人)を獲得した候補が勝利する。バイデン氏によれば選挙人は一般投票の結果通りに投票し、同氏が306人、トランプ氏が232人の選挙人を獲得した。

 上下両院合同本会議は来年1月6日に選挙人投票の結果を集計し、バイデン氏の当選が正式に確定する。同氏は1月20日、連邦議会議事堂前で行われる就任式で宣誓し、第46代大統領となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ