PR

ニュース 国際

英EU両首脳「われわれは一層の努力をする責任」、FTA交渉継続で

 13日、記者会見するEUのフォンデアライエン欧州委員長=ブリュッセル(ゲッティ=共同)
 13日、記者会見するEUのフォンデアライエン欧州委員長=ブリュッセル(ゲッティ=共同)

 【ロンドン=板東和正】ジョンソン英首相と欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は13日、英国とEUの自由貿易協定(FTA)締結に向けた交渉を継続すると発表した。双方は13日に継続の是非を判断するとしていた。決裂は回避されたが、双方の溝は大きく、年末の期限まで残り2週間余りで打開できる見通しは立っていない。

 両首脳は13日に電話会談した後、「これまで何度も目標期限を逸してきたが、われわれは一層の努力をする責任があると考えた」との声明を出し、引き続き合意を目指す考えを示した。新たな合意の目標期限や決裂した場合の対応には触れなかった。

 交渉ではEUの漁船による英周辺海域での漁業権や企業の公正な競争環境の確保、紛争解決のあり方という3つの課題で双方が歩み寄れず、協議が難航している。ジョンソン氏は13日、「交渉の場から離れることは絶対にない」と強調したが、最終的には交渉が決裂する可能性が最も高いとも見解を示し、譲歩の余地が少ないことも示唆した。

 英国は現在、EU離脱前の経済関係などが維持される「移行期間」にあるが、移行期間は年末に終了する予定。EUとのFTAがなければ、英国とEU間の貿易には関税が発生し、物流も停滞するなど、欧州経済が混乱すると懸念されている。

 交渉の「時間切れ」が迫る中、EUは10日、混乱の緩和のため、英国も同様の措置をとることを条件に、年明けから半年間、従来通りの陸・空路の旅客・貨物輸送を保証する緊急措置案を発表した。

 英EUが仮にFTA交渉で合意しても、双方の議会で批准する必要があり、年末までのFTA発効が間に合わない可能性もある。EUの外交官はロイター通信に対し、時間がない場合、議会承認を経ずにFTAを暫定的に発効させる可能性があるとの見方も示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ