PR

ニュース 国際

韓国情報機関の権限縮小 文政権、改革法整備完了

韓国の文在寅大統領(聯合=共同)
韓国の文在寅大統領(聯合=共同)

 韓国国会は13日の本会議で、情報機関、国家情報院の権限を縮小する法案を可決した。

 北朝鮮のスパイ活動などに対する国情院の捜査権を警察に移管することが柱。保守系野党は「捜査能力が低下し安全保障上の懸念がある」と反発、議事進行を阻止しようと長時間の演説で抵抗したが、与党が強行採決した。

 文在寅政権は、検察や国情院、警察の「権力機関」が過去に保守政権と結び付き、捜査を政治目的に悪用したとして改革を進めてきた。

 国情院をめぐっては、保守政権を有利にするような政治介入や北朝鮮スパイのでっち上げ事件などが相次いで発覚。今年4月の総選挙で与党が圧勝し、野党の反対でも法案通過が可能となった。

 警察への捜査権移管は安全保障に空白が生じないよう3年間の猶予期間を経て行われる。北朝鮮関連の情報収集は継続する。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ