PR

ニュース 国際

中国の習主席がGDP比65%排出減と表明 国連の地球温暖化対策会合で

中国の習近平国家主席(新華社=共同)
中国の習近平国家主席(新華社=共同)

 【大連=三塚聖平】中国の習近平国家主席は、12日の地球温暖化対策に関する国連会合で、国内総生産(GDP)当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を2030年までに05年比で65%以上削減すると表明した。削減目標を引き上げた。中国国営新華社通信が伝えた。

 習氏は9月、国連総会一般討論のビデオ演説で、二酸化炭素を含む温室効果ガスの排出量を30年までに減少に転じさせ、60年までに実質ゼロにすると発言していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ