PR

ニュース 国際

米タイム誌「今年の人」にバイデン、ハリス両氏 エンタメ部門はBTS

米デラウェア州ウィルミントンで勝利宣言した民主党のバイデン前副大統領(右)とハリス上院議員=11月7日(ロイター)
米デラウェア州ウィルミントンで勝利宣言した民主党のバイデン前副大統領(右)とハリス上院議員=11月7日(ロイター)

 【ニューヨーク=上塚真由】米誌タイムは10日、年末恒例の「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、米次期大統領に就任する見通しのバイデン前副大統領(78)と、副大統領に就任予定のハリス上院議員(56)を選んだ。

 同誌の編集者らが1927年から毎年、その年に最も影響力があったと考える人物を選出する企画で、過去にも多くの次期大統領が選ばれてきた。同誌はバイデン、ハリス両氏について「分裂の怒りよりも、共感の力が偉大であることを示し、悲嘆にくれている世界に癒しの展望を示した」と評した。

 最終候補にはトランプ米大統領、最前線で働く医療従事者と米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長、人種差別撤廃を訴える抗議運動も挙がっていた。

 また「今年の人」のエンターテインメント部門には、世界的な人気を誇る韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」が選ばれた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ