PR

ニュース 国際

仏スター選手がファーウェイとの契約破棄 ウイグル弾圧めぐり

華為技術(ファーウェイ)のロゴ=(ロイター)
華為技術(ファーウェイ)のロゴ=(ロイター)

 【パリ=三井美奈】サッカー・フランス代表のアントワーヌ・グリーズマン選手は10日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が少数民族のウイグル族の監視に関与していたとする疑惑を受け、同社とのスポンサー契約を打ち切る意向を表明した。

 ファーウェイが開発にかかわった顔認証ソフトウエアがウイグル族の人権弾圧に使われている強い疑いがあると、米紙ワシントン・ポストが報じていた。

 グリーズマン選手は写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿し、「ファーウェイは批判を否定するだけでなく、ただちに(当局の)弾圧を非難し、人権尊重に貢献するべきだ」と訴えた。同選手は、2018年、フランスがワールドカップ(W杯)ロシア大会で優勝した際の中心選手の1人。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ