PR

ニュース 国際

欧州中央銀が量的金融緩和を拡大 半年ぶり

 【ロンドン=板東和正】欧州中央銀行(ECB)は10日、ユーロ圏の金融政策を話し合う理事会を開き、新型コロナウイルス対策の量的金融緩和を拡大することを決めた。ECBの量的緩和拡大は今年6月以来、約半年ぶり。

 資産購入枠を5千億ユーロ(約63兆円)増やし、計1兆8500億ユーロとした。量的金融緩和に伴う資産の買い入れ期間も延長し、少なくとも2022年3月末まで続ける。欧州連合(EU)加盟国の民間銀行が中央銀行に余剰資金を預ける際の金利「中銀預金金利」については、現行のマイナス0・5%で据え置いた。

 欧州では2度にわたり新型コロナ感染を抑制するための外出制限が実施され、経済に影響を与えた。ECBのラガルド総裁は10日、ワクチンの実用化が進む状況について「心強い」としつつも、「新型コロナの流行はユーロ圏や世界経済に深刻なリスクをもたらし続けている」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ