PR

ニュース 国際

「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」写真・パネル展示 宮城

「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」に合わせて開催されている拉致被害者の写真展=10日、仙台市役所(石崎慶一撮影)
「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」に合わせて開催されている拉致被害者の写真展=10日、仙台市役所(石崎慶一撮影)

 「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」(10~16日)に合わせ、宮城県図書館と仙台市役所で10日、拉致被害を伝える写真やパネル展示が始まった。

 同市役所のギャラリーホールでは、拉致被害者の写真や家族の思いなどを紹介するパネルを展示。横田めぐみさん(56)=拉致当時(13)=のドキュメンタリーアニメ「めぐみ」も上映している。市民生活課の大村仁課長は「ぜひ関心を持ち、署名などで協力をいただきたい」と話した。

 また、県図書館1階では、特定失踪者となっている加美町出身の早坂勝男さん(76)=失踪当時(24)=ら北朝鮮に拉致された疑いのある県関係者などをパネルで展示している。

 啓発週間の期間中は拉致被害者の救出を求める国民運動のシンボル「ブルーリボン」にちなみ、夜間は仙台放送の電波塔「仙台スカイキャンドル」と仙台城跡の伊達政宗公騎馬像がブルーにライトアップされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ