PR

ニュース 国際

【ソウルからヨボセヨ】次は夜間外出禁止令?

公園で遊ぶ子供たち=ソウル(AP)
公園で遊ぶ子供たち=ソウル(AP)

 新型コロナウイルスの新規感染者が増加し韓国も対策に大わらわだ。今週、全国で一斉に行われた大学入試では感染者にも受験場以外で“隔離受験”をさせるなど、受験王国らしい配慮が見られたが、街では飲食店の営業が午後9時までに制限され、コーヒーショップはお持ち帰り以外の入店が禁止され人びとは不便をかこっている。

 とくに韓国人は世界有数のコーヒー好きで、かつ何でも誰かと一緒という寂しがり屋(?)なので、ランチの後や待ち合わせなどで行くところがなくなって困っている。筆者もこのところ人と会う場所がなくって仕事に支障が出るほどだ。日本文化で韓国社会に定着している忘年会は近年、韓国風に「送年会」と言い換えられているが、これも今年はみんなアウトだ。

 人通りが激減した夜のソウルを見ながら、古い世代は1980年代初めまであった「通禁(トングム)」時代を思い出す。「夜間通行禁止」の略だが、北からのテロ攻撃などに備え、国防上の理由で午前0時から明け方4時まで一切の外出や通行など屋外活動が禁止されていたのだ。

 それに比べるとコロナ防疫策など生ぬるい。昔を知る“通禁世代”はまだ多く残っているから、その気になれば対コロナ戦争として夜間外出禁止くらいはやれるかも。(黒田勝弘)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ