PR

ニュース 国際

【台湾有情】ブタの内臓 飛び交う議会

台湾・立法院の本会議で衝突する与野党議員。床には投げつけられたブタの内臓が落ちている=11月27日、台北(ロイター)
台湾・立法院の本会議で衝突する与野党議員。床には投げつけられたブタの内臓が落ちている=11月27日、台北(ロイター)

 台湾の立法院(国会に相当)で、対立する議員同士が激しく衝突する場面は珍しくないが、11月末の本会議で与野党の議員がブタの内臓を投げつけ合うシーンを見たときは、さすがに驚いた。

 27日に行われた本会議では、蘇貞昌(そ・ていしょう)行政院長(首相)が質疑応答のために登壇するのを阻止しようと、野党、中国国民党の議員がバケツ何杯分ものブタの内臓を議場に運びこみ、蘇氏に投げつけた。与党、民主進歩党の議員は直ちに体を張って蘇氏を守り、床に落ちたブタの内臓を拾って反撃。議場は大混乱した。

 国民党は添加物のラクトパミンが入った餌で飼育された米国産豚肉の輸入解禁を決めた蔡英文政権に不満を表明するつもりだった。「やりすぎ」とメディアから批判される一方、「果敢に戦った」と支持者からは拍手喝采を浴びた。

 香港では11月初め、警察が民主派の議員ら7人を逮捕した。5月に議会の内務委員会で中国国歌への侮辱を禁じる条例案が審議された際、賛成派の内務委員長に詰め寄るなどし議事進行を妨害したという容疑だった。

 親中派とされる国民党の中には将来、中国と台湾の統一を主張する人もいるようだが、香港のようになれば反対意見すら言えなくなることを、彼らはわかっているのだろうか。(矢板明夫)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ