PR

ニュース 国際

中国報道官ツイート、豪兵士の偽画像か 豪首相が非難、謝罪要求

中国外務省の趙立堅副報道局長がツイッターに投稿した画像(画像の一部を加工しています、共同)
中国外務省の趙立堅副報道局長がツイッターに投稿した画像(画像の一部を加工しています、共同)

 【北京=西見由章】アフガニスタンに派遣されていたオーストラリア軍が民間人ら39人を違法に殺害していた問題をめぐり、中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は30日、豪軍兵士がアフガンの子供を殺害しようとしているCG画像をツイッターに投稿した。モリソン豪首相は「フェイク画像だ。中国政府は完全に恥じるべきだ」と反発、画像の削除と謝罪を要求した。

 オーストラリア軍司令官は19日、2009年以降にアフガンで同国兵士が戦闘とは無関係の虐殺行為に関与していたとの報告書を発表。アフガンの人々に「心から謝罪する」とした。

 趙氏は「ショックを受けた。こうした行為を強く非難する」とツイート。兵士が豪州の国旗で子供の顔を覆い、のど元に血の付いたナイフを突きつけている画像も投稿した。

中国、要求に応ぜぬ構え

 中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は30日、「身の毛がよだつ行為だ。犯罪行為を非難することが不当なのか」と主張、豪州政府の要求には応じない姿勢を示した。

 中国は、豪州が新型コロナウイルスの発生源について第三者による調査を求めたことなどに強く反発し、豪州産品の輸入制限など圧力を強めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ