PR

ニュース 国際

英コロナワクチン70%有効 暫定結果、年内にも申請

英製薬大手アストラゼネカのロゴ(ロイター)
英製薬大手アストラゼネカのロゴ(ロイター)

 英オックスフォード大と英製薬大手アストラゼネカは23日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの暫定的な臨床試験結果を発表し、平均で約70%の有効性を示したと説明した。接種方法によっては、有効性が90%に上ったという。さらに試験を進め、年内にも英当局に使用許可を申請するとみられる。

 新型コロナワクチンを巡っては、米ファイザーが緊急使用の許可を米当局に申請するなど欧米で開発が進められており、接種開始が近づきつつある。日本政府はオックスフォード大とアストラゼネカのワクチンに関し、1億2千万回分の供給を受けることで基本合意している。

 発表によると、臨床試験は英国などの2万数千人を対象に実施。少なくとも1カ月の間隔を空けて2回接種したところ、平均で70・4%の有効性が確認された。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ