PR

ニュース 国際

台湾、最大の親中チャンネルの免許更新せず 「偏向」報道理由

記者会見に臨む、国家通信放送委員会(NCC)の陳耀祥委員長=18日、台北(AP)
記者会見に臨む、国家通信放送委員会(NCC)の陳耀祥委員長=18日、台北(AP)

 【台北=矢板明夫】台湾でメディアを所管する独立機関、国家通信放送委員会(NCC)は18日、台湾最大の親中メディアとして知られる「中天テレビ」のニュースチャンネルに対する放送免許を更新しないと発表した。委員7人の全会一致の決定という。

 NCCによると、同テレビは今年までの約6年間、「事実に基づかない偏向報道」などで25回、規定に違反し、中国寄りで知られる台湾人起業家の大株主による報道内容への不当な「口出し」も繰り返し確認されたことなどが理由。1月の総統選で同テレビは親中的な野党、中国国民党の候補に全面的に肩入れした報道も行ったとしている。

 総統府の張惇涵(ちょう・じゅんかん)報道官は決定について「独立機関が法律に基づき下した決定を尊重する」と強調。国民党は「行政がメディアに干渉する行為」であり、「台湾の言論の自由の空間が制限され、メディアの自由は著しく後退した」と決定を批判する声明を発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ